LAYOUT 理想のキッチンを造るためのリフォーム、基本レイアウトを考えてみましょう

基本的な設置タイプ

キッチンの基本的な設置タイプ シンプルなI型の他L字型・U字型・二列型があります。

壁付キッチン 日本には比較的多いI型タイプキッチンです。
壁に向かっているケースが多いのですが、その場合リビングやダイニングに背を向けることになり家族とのコミュニケーショーンが取り辛い、また、一直線のため幅を取りすぎると導線が長くなるといったデメリットがあります。
キッチンスペースが狭い場合に有効で、ダイニングスペースを横に設けたり近づけたりすることがデメリットの解消に繋がります。

二列型キッチン セパレートの二列型キッチン。
導線を短くしやすく、片側をダイニングやリビングに向けることもできるのでコミュニケーションが取りやすいレイアウトでもあります。
二列の間を長くすると作業スペースが広くなり移動により疲れやすくなるほか、複数で作業する際は導線が重なりがちになり作業し辛くなるという反面もあります。
また、作業台がセパレートになっているので、水滴などの床への落下に対する注意も必要になります。

L字型キッチン スムーズな導線を作りやすいL字型キッチン。
コンロ・シンク・冷蔵庫の配置が三角になるので作業がスムーズになり、複数で作業をしても他のレイアウトより導線が重なり辛いのも特徴です。
壁付けでも、一面をダイニング・リビングへ向けた対面型も可能な使い勝手の良いレイアウトです。

U字型キッチン 比較的狭いスペースでもシームレスで広い作業台を確保できるU字型。
作業台が大きく、立ち位置を変えずに向きを変えることでコンロ・シンク・冷蔵庫と作業台に向かえるので作業効率の良いレイアウトといえます。
作業スペースが小さくなり勝ちなので複数での作業には向かないレイアウトともいえます。

設置タイプとレイアウト

壁付タイプ キッチンを壁につけて設置するレイアウトです。

壁付キッチン I型の壁付タイプキッチンです。
スペースの足らないダイニングキッチンでもスペースの有効利用ができるレイアウトですが、冷蔵庫やパントリーの位置が遠くなる事もあります。
ダイニング/リビングと隣接していても、背を向けているためにコミュニケーションが取り辛いタイプでもあります。

壁付キッチンL型 L字型の壁付タイプ。
I型より冷蔵庫・パントリーの置き場所を考えやすく導線も短くなりるほか、複数でキッチンに立っても導線がぶつかり辛くなります。
また、I型よりはダイニング/リビングとのコミュニケーションが取りやすくなるメリットもあります。

壁付キッチンU型キッチンスペースをぐるりと囲む形のU字型。
建物の形状からキッチンのスペースが広く取れない場合に有効です。作業台が大きく導線が短くなるので比較的二列型より使い勝手が良いのですが、作業スペースが狭く複数でキッチンに立つ場合には不向きといえます。

壁付キッチン二列型壁付タイプの二列型。
これも建物の形状による場合が多いのですが、キッチンスペースの奥行があって幅がない時はU字型よりこちらのタイプの方がスペースの有効利用になります。
これもやはり複数で立つには不向きといえます。

ペニンシュラタイプ LDKまたはDKの対面キッチンとしてのレイアウトになります。
ワークトップが広いタイプやパーティションタイプに造作のカウンターを併せるなど、色々なパターンを考えられます。

ペニンシュラキッチンI型のペニンシュラレイアウト。
ダイニングやリビングダイニングを見渡せ家族とのコミュニケーションも取りやすいレイアウトです。
背面に冷蔵庫やパントリーを置くのが一般的で、その場合導線も長くならず作業性も良いのですが、作業スペースの奥行きが狭いと複数で立つときは導線が重なり作業効率が落ちることもあります。

ペニンシュラキッチンL型L字型のペニンシュラレイアウト。
お部屋全体の広さ形状から、キッチン部分の間口が狭い場合に有効なレイアウトです。
ダイニング/リビング全体の広さと作業性を考えた場合、バランスのとれたレイアウトといえます。

ペニンシュラキッチンU字型U字型のペニンシュラレイアウト。
作業台が大きいので、作業スペースの広さを適切にとることで効率の良いキッチンになります。
また、一面をダイニング・リビングへ向けているので、コミュニケーションも取りやすくなります。
同じペニンシュラタイプでもI字・L字型と比べると設置スペースを多くとられるので、広いLDK/DKに向いているといえます。

ペニンシュラキッチン二列型二列型のペニンシュラレイアウト。
U字型に対して間口や奥行きが取れない場合に有効なレイアウトです。
作業台の広さを除けば使い勝手はL字型・U字型などとあまり変わりませんが、シンク・コンロ等の位置関係を考えないとセパレート故のデメリットも出てきます。

アイランドタイプ 四方をオープンにした自由な導線でのプランを組めるのがアイランドタイプです。キッチンが主役となるタイプでもあります。

アイランドキッチンI型アイランドキッチンI型。
背面にはパントリー/収納家具や冷蔵庫等を置くことが多いと思います。
導線に回遊性を持たせられるので、造作のカウンター等を設けてキッチンをメインにしたダイニングスペースを作ることもできます。

アイランドキッチン2列型アイランドキッチン2列型。
キッチンスペースの間口が狭い場合、長くなるI型よりセパレートの2列型の方が効率の良いキッチンになります。
シンクとコンロが向い合せなので導線が短くて済みますが。複数での作業には不向きといえます。

施工実例を参考にしてみましょう